ナツ(5歳)とウタ(3歳)との日々…そしてハンドメイドを少々。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by kobana
 
[スポンサー広告
おでこのケガ


公園で「帰るよーー」と声をかけたら、走って戻ってきたウタ。あと1mのところで段につまずき見事にすっ転んだ!!
っとそこには私の自転車があり、後輪のスタンドにおでこ激突!!(゚o゚;;

帰っておでこの傷にキズパワーパッドを貼ってみたけど、パッドの上から血が出てきたのでやはり病院へ行くことに。
出血は少なかったけど、よく見るとパクッと傷があいてたのでテープでくっつけてもらいました。男の子とはいえやっぱ傷跡は小さい方がいいもんね。

念のためとレントゲンを撮ったんだけど、姉も弟も「ガイコツガイコツ!」と大喜び(笑)まったく。何もなくてほんとよかったよー。



↑クリックしてもらえるとうれしいです
スポンサーサイト
Posted by kobana
comment:2  
[コドモ
白斑??
20130117.jpg

ウタさん、入園前検診で先生に
「この腕の白いのは…白斑かもしれません。
 甲状腺の病気の可能性もあるから皮膚科を受診してください」と。

なになに?はくはんってなに??
初耳なことに私もオロオロ!

家に帰って調べてみたら、白斑とは免疫が細胞を間違って刺激して
色素が抜けて白くなる病気だそう。そして治療方法があまりない病気だと。
命に関わったりするものではなく美容的に悩まされるようです。

後日皮膚科へ連れて行きましたが
白い部分と普通の部分の境目がくっきりしていないものが多いので
違うだろうということでした。白斑はもっと真っ白なのだそう。
でも大きくなったり増えたりするようなら再度受診するようにと。

夏に水いぼができたときに放置して3~4カ月かかって
治ったんだけど、このあたりにたくさんできていたので
たぶんその跡なんじゃないかなぁと思われます。

ウタは生まれつき胸と太ももにもアザもあり、
このまま消えないだろうと言われています。
オトコノコだし見えない場所ならまだいいかなと。

まだまだ知らない病気がいっぱいありますね。
ちょっと調べるとたくさん悩んでいる方がいたりして
本当に健康なだけでありがたいと思わなきゃです。

次から次へと色々心配は尽きませんねー。




↑クリックしてもらえるとうれしいです
  
Posted by kobana
comment:0  
[コドモ
お手伝いブーム
20130109.jpg

ここ最近お手伝いしたいブームが再来。

今までも何度かあったんだけど
面倒なのは、ウタまでがやりたいお年頃になったこと!

「お米洗うーーー」と姉が言えば
「ウタもやるーーー」と参戦。

20130109-2.jpg

半分水遊びになりつつ2人でお米をジャカジャカ。
お姉ちゃんが上手になり、お米を落とさず水を切ったり
できるようになったので、まぁ任せられるかなぁって感じです。
前はお米がシンクに散乱してましたから。


20130109-3.jpg

また別の日、しゅうまいをコッソリ作ろうとしていたら
お姉ちゃんに「何?何?しゅうまい?ナツも作る作るーー」と。
するとウタも「やるやるーーー」…ってなるよね(汗)

マジで??と思ったけど
皮に私がタネをどんどん載せて置き、
2人が包むというやり方だと、意外と上手くいきました。
ウタはおにぎりみたいに握ってましたけど。
餃子よりもアバウトで大丈夫なので
しゅうまいのお手伝いはありですね。
早くできました(^u^)

生肉でもつまみ食いしそうになるのは要注意ですけど(笑)

20130109-4.jpg

Cpicon ∮ フライパンで✰簡単✰彡シュウマイ ∮ by 矢切のねぎちゃん

蒸すしゅうまいよりも家族みんなこのレシピ↑のしゅうまいが大好きです。
調味料は半分くらいに抑えちゃってますが、しっかり味でお弁当にもgood!


お姉ちゃんにそろそろ包丁をと思っていましたが、
ウタもやりたがるだろうなぁー。

  




↑クリックしてもらえるとうれしいです
  
Posted by kobana
comment:2  
[コドモ
制作展
20121208.jpg

幼稚園で制作展がありました。
今年は「おっきょちゃんとかっぱ」という
マイナーな絵本がテーマでした。



おっきょちゃんという女の子が
川の中のカッパの国へ遊びに行くお話。
なぜかそのカッパたちはみんな赤いんです。

制作展は予想通り赤いかっぱたちでいっぱい(笑)
お祭りのシーンが再現されていたり、
大きなトンネルがあったり、子供たちがかわいく再現してました。

うちの幼稚園。制作展が終わると
子供達に欲しいものを聞いて、じゃんけんで買った人が持って帰れるという
恒例な行事?があるのです。
親たちは毎年ハラハラドキドキ。

「当たったーーー!」と大喜びで帰ってきたナツさん。
クラスで1、2を争う大物をgetしたと言うじゃないですか(T_T)
翌日車で取りに行ったけどほんと車にギリギリでした!
エレベーターも玄関もギリギリ。
大きいのはやめてと親たちは頼むんだけど
子供はやっぱ欲しくて手を上げちゃうんでしょうね(笑)
そして勝ち取ったと喜ばれると断れなくなる。

それが↑こちらの「すいこさま(通称マツコデラックス)」です。
どどーーん。ハンパない存在感!!
年内いっぱいという約束ですが、しばらく我が家の一員です(^_^)
Posted by kobana
comment:2  
[コドモ
アドベントカレンダー
20121205.jpg

お友達から思いがけぬプレゼント、
エリックカールのアドベントカレンダーを頂きました。

開くとサンタさん、プレゼント、木が立体的に立ち上がります。
毎日扉を開けると木にかけるオーナメントが出てきて楽しい!!

毎朝2人で順番に開けることを楽しみにしてます。
クリスマスを指折り数えるのっていいですね~。

チョコの入ってるアドベントカレンダーを
私も小さい頃に買ってもらったことを思い出します。
そのせいか、アドベントカレンダーというと
チョコなんかのお菓子が入っているイメージでした。
ウタはチョコが嫌いだし、二つ買うのもどうかなぁと
買い渋っていたのですが、こんな素敵なアドベントカレンダーなら
来年も買ってあげたいなって思います。
Posted by kobana
comment:0  
[コドモ
ナイーブなお姉ちゃん
20121118.jpg

ナイーブなお姉ちゃんのこと。

今年の春、年中さんのクラス替えがあってから
ナツさんは毎日幼稚園に行くものの、一日中強ばった顔で
両肩が不自然なくらい上がったままでした。
(肩が上がるのもチックの症状であるようです)
園から帰ると表情も肩も戻り明るくなるんだけど
また翌朝になると別人のように。

仲のいいお友達とも一緒だし、先生も変わらなかったんだけど
何か変わったことについていけないようでした。
お友達も普段通り遊びに誘ってくれるのに無視したり
先生とも口を聞かないという日々が数ヶ月続きました。
それでも幼稚園には行きたいらしく
私も先生もただ見守るしかありませんでした。

夏休みが終わり二学期に入ると
徐々にお友達と楽しそうに遊ぶようになり
表情も普段のナツさんに戻ってきました。

あー良かったと安心していたのですが、
次は運動会のダンスの練習がきっかけで
また緊張状態になることがちらほら。
自分は上手くできてないんじゃないかと気にしていたそう。

もともとの性格から真面目というか融通がきかないところがあり
朝も見たいテレビが始まる前にドリルを1枚して制服に着替えてないと
嫌だったり、ご飯も残さずきちんと食べたり。
言わなくてもやってくれるので、親としては楽な子だなぁと思っていたのですが、
その真面目さや多感さが自分を不安にさせていたようです。

例えば、少し注意されるとすごく怒られたと落ち込んだり、
歯磨きしないと虫歯になるよーみたいなことがすごく恐怖だったり。
絵本「おむすびころりん」で悪いおじいさんがモグラにされてまだ土の中から出られない
というお話が怖くて怖くて2ヶ月くらい夜寝れなくなったり。
「え?それくらいで?」と周りが気づかないようなところで
傷ついたり不安になったりしてしまうのです。

ダメ母はそこまで繊細だということに最近まで気づいてあげられず
不安を分かち合ってあげられませんでした。
親の知らない場所でたくさん傷ついてる我が子と
もっと向き合って少しでも安心させてあげたいと思います。
まだ遅くないと信じて。

そして実はまた別の症状が出てしまっています。
このことは別記事で書きたいと思います。
Posted by kobana
comment:0  
[コドモ
毛虫(チャドクガ)
20120920.jpg

おとといお友達のオウチに遊びに行った時のこと

遊び始めてしばらくしてから1人のお友達の背中に
小さな小さな毛虫を発見!!
ママ達キャーキャー言いながら
ティッシュにくるんでさよならして
その後は何事もなく遊んでいたんだけど…

翌朝起きたらウタの両腕や手のひらに赤いブツブツがいっぱい!!
痒いらしく掻いていたら足やお腹にもポツポツと広がってきた。

何これ????って思っていたら
お友達からメールがあり、
毛虫がついていたその子とママも体中ブツブツになっているとのこと。

皮膚科へ行くとやっぱり毛虫(チャドクガ)によるものでした。

チャドクガ
 チャドクガは卵、幼虫、繭、成虫とも毒針毛をからだに持っています。
 幼虫の背面には50万本もの微細な毒針毛が群生しているそうです。
 毒針毛が皮膚に触れたり、刺さったりすると皮膚炎を発症し、激しい痒みに悩まされます。

めっちゃちっこいのに強烈!!

ツバキやサザンカに6~7月 9月~10月に発生するらしいです。
服についてたらビニールなんかでそーっとはがして
できれば服はすぐに脱いでシャワーをあびるといいとのことです。
症状はすぐにでなかったりするので分かりにくいですよね。

ウタはかゆみ止めの内服薬と塗り薬でピークは過ぎたようです。

一緒にいた小さなべビちゃんたちに被害がなくて
ほんとよかった。

みなさまも毛虫を見つけたら気をつけてくださいね!!
Posted by kobana
comment:4  
[コドモ
どうなるトイレトレ
20120915.jpg

お姉ちゃんは2歳1カ月でオムツがとれました。
失敗したのも1週間くらい。
夜も最初からパンツで一度も漏らすことなし。

その頃は周りのトイレトレ大変という話を聞いても
全然ぴんとこなくて「パンツにしちゃえば取れたよー」
なんて適当なこと言ってましたが…。

すいませんでした!!
ウタくん全く取れる気配なしです(涙)


トイレトレスタートはおねえちゃんと同じ2歳過ぎ。
いきなりパンツにしてみたのですが
30分おきにじゃーじゃー漏らすので断念。

半年後くらいにやってみたけど同じ結果で断念。


そして3歳過ぎ、プレ幼稚園に通うのでまたまたスタート!

漏らす間隔は2~3時間おきになっているし
言葉もしっかり。これはいけるのでは??
という淡い期待もむなしく…

数時間おきにじゃーじゃー漏らす日々。
あげくのはてには「パンツにしたらもらしちゃうよー」
「(漏らした後)ほらねーおかぁさんがおむつにしないからもれちゃったんだよー」
と開き直る始末。むきーーーーー。


そしてプレ幼稚園でも全員トイレに連れて行ってくれて
パンツ推進。お漏らしOK。というトイレトレをしてくれるというのに
断固拒否!!オムツじゃないと幼稚園行かない!!と(幼稚園で漏らすのは嫌らしい)

それでも先生は根気強く毎回トイレに誘ってくださったのですが…

先日、「ウタくんはとっても頑固ですねー。絶対トイレには行きません。
でも理解できているので、本人のやる気があればすぐにでも外れると思います。
ウタくんの場合、今ムリに取るのは逆効果かもしれません。
幼稚園が始まったら時間も長いし、行かざるを得なくなったら外れるでしょう。」と。


どひゃーーー。
先生もトイレトレ断念ですか?


トイレにどれだけ連れて行っても(おまるでも)
一回も出たことないんですよね。
お姉ちゃんは座ったら何となく出たのに。
これって本当にやる気の問題なのか??


お互い疲れたのでまたまた休止。
あーーーいったいいつ取れるのやら(>_<)




↑クリックしてもらえるとうれしいです。
Posted by kobana
comment:4  
[コドモ
ひっこみがつかない。
20120902.jpg



さてこれはなんでしょう?


答えは、ウタのプラレール全てです。
納戸のクローゼットにはトミカ一式も。


それは数日前のこと。

いつものようにお片付けをしないで怒られるウタくんでしたが
その日は何だか態度が悪かった!!

「お片付けできないなら全部捨てちゃうよ!!」

いつものおどし。

普段はこれで焦って片付けて終わるんだけど
この日は「捨てちゃっていいよー。」と爽やかに答える。

なにーーー!!

「本当に捨てちゃうんだからね!!」

ムカっときて散らかったプラレール全てを箱にしまい、
トミカもゴミ袋に入れて玄関からバタンと出て行ってみたのですが…

ウタくん、ソファーでくつろいだまま全く動じず。

「捨ててきたからね!!」って言っても

「うん、いいよー。」と!!!!


毎日毎日プラレールとトミカでしか遊んでないウタ
翌日にはショックを受けるかも?と思ったのですが
全く何も言ってこない。


それから3日ほど納戸に隠してあるのですが反応なしです(涙)

ママ友達が「ウタくんトミカは?」なんて聞いてみても
「ウタが片付けなかったから捨てられちゃってん」
「ええーーそれでいいのウタくん?」「うん。いいのー。」
このやり取りにがっくしです。

20120902-2.jpg

今朝は積み木を並べて
「これがーどくたーいえろーでー、これがーさくらでー
これが700系でー」なんて言いながら楽しそうに遊んでるし。

えええっ!!ほんとにあっさり諦めたのかウタ!!


何だかひっこみつかないことになってます(涙)
いったいいつ出したらいいのやら…。


部屋の散らかりが50%減なのはうれしいんですけどね…。




↑クリックしてもらえるとうれしいです。
Posted by kobana
comment:4  
[コドモ
実家での日々
オットの実家への帰省。

コドモタチはたくさん刺激を受け
いつもと違った一面が見られて面白かったです。

急な階段が怖くて降りられず「たすけてーーたすけてーー」と
泣いていたウタが数日でスタスタ降りれるように。

毎朝じぃじとばぁばのウォーキングについて行くために
5時にパチリと起きてそそくさ着替えを持って布団から去って行くナツ。

最初はモジモジしていたご近所さんにも
うっとおしいくらい話しかけれるようになったナツ。


そして大人しいなぁと二階に上がってみたらこの惨状(笑)

20120814.jpg

数日前、押入れに上がることもできずにメソメソしていたウタくん。
一人っきりで押入れの中の掛け敷き布団、毛布、座布団を全て外に出し、
ダイビーーング!!!

ええええーーーっ??!!なんじゃこりゃーー!!

我が目を疑いましたが、あまりに楽しそうなウタくんに
ばぁばと微笑ましくなり「やれやれー」って(笑)

片付けるのにかーさん汗だくだったよ。
よくこれだけ出せたもんだ。家ではダメだぞー。


じぃじばぁばを始め色んな世代の人と関わることで
変化するコドモタチ。
日常にもそういう環境があるといいのになぁ。

Posted by kobana
comment:0  
[コドモ
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。